web404

ホームページで集客できるもの・できないもの

ホームページは集客目的で作られることが多いと思いますが、ホームページは何でも集客できるわけではありません
当然ですが、得手不得手があります。

最も注意しなければならないのは、ホームページで集客できるのは、インターネットにいるお客さんだけだということです。
実店舗のお客さんとは異なります。
街を歩いている人とは別の種類のお客さんだと思っておいたほうがいいです。

つまり、そのホームページが対象とするお客さんがインターネットにいなければ、いくら頑張ってホームページを作ったところで、集客効果は見込めないのです。
お客さんがいない場所にお店を出しているのと同じです。

でも、ほとんどの人は、インターネットにどのくらいのお客さんがいるのかを調べてさえいません
ホームページを作ることが目的になってしまっているからです。

インターネットにどのくらいのお客さんがいるのかは、Googleのキーワードプランナーを使うと調べることができます。
入力したキーワードの月間検索数を確認できます。
ただし、Googleに広告を出していないと、月間検索数の桁数しか調べることができません。
具体的な数値を知りたい場合は、Googleにお金を払う、つまりGoogleのお客さんになる必要があります。

インターネットのお客さんが実店舗とは一致しないことを、Googleの月間検索数を用いて例示します。
実は、検索数の少ない順に、

「敦賀 コンビニ」<「敦賀 ファミレス」<「敦賀 スナック」

です。
実店舗の来店客数としては、もちろん、

「敦賀 スナック」<「敦賀 ファミレス」<「敦賀 コンビニ」

でしょう。
真逆です。

そもそも、コンビニは探さなくても見つかるほど店舗数が多いので、場所を調べる目的で検索することはほとんどありません。
また、コンビニやファミレス等のチェーン店は、基本的にどこでも同じ商品、同じサービスです。
従って、個別のお店の商品やサービスを調べるために検索することは少ないと考えられます。

一方、スナックのような個人店は、場所も知らなければ商品やサービスも様々、行ったことがないお店はブラックボックスでまるでわかりません
ここに、インターネットで検索する需要が生まれます。
お客さんは、わからないから検索するのです。

また、地域の特性もあります
「敦賀 スナック」の検索数が多いのは、まさに敦賀という地域の特性です。
どのくらい多いかというと、検索数においては、

「敦賀 スナック」≒「福井 スナック」

です。
敦賀市の人口は福井市の約1/4ですが、スナックの検索数においては同等です。
詳細については、長くなるのでリンク先のページを参照。

まとめると、

  • インターネットのお客さんは実店舗のお客さんとは異なる
  • 知名度がないことが武器になる場合がある
  • 田舎だから不利とは限らない

ということ。
これらをふまえたうえで、ホームページでの集客を考えたほうがいいと思います。

つまり、インターネットのお客さんがいる所にホームページを作ることが重要
集客のために作るというより、お客さんがいる所に作る
そもそも、インターネットにお客さんがいなければ、ホームページで集客することはできませんからね。
はっきり言って、準備によって結果は決まります

そのためにも、Googleの月間検索数は重要な指標となります。
私はGoogleにお金を払っている側でもあるので、具体的な検索数を調べることができます。
ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。