web404

わいわい酒場 笑福

わいわい酒場 笑福

敦賀市本町の居酒屋バー、「わいわい酒場 笑福」様のホームページです。
業種的にユーザーの多い、スマホでの操作性を第一に考えています。

スマホに最適化しているとはいえ、いわゆるハンバーガーメニューは使いません
理由は、

  • ハンバーガーメニューが何なのかわからない
  • メニューを展開するまで内容がわからない
  • 複数回の操作が必要
  • メニューの表示でコンテンツが隠れる
  • メニューを閉じにくい
  • 誤操作を招く

など、デメリットが多いからです。

そもそも、ハンバーガーメニューは制作者の都合の産物です。
テンプレートでデザインを共通化するには便利だからです。
従って、テンプレートを使うことしかできないと、必然的にハンバーガーメニューになります。
これが、使いやすくもないハンバーガーメニューが増える原因だと思います。

メニューが豊富なお店なので、お客様に伝わるように、メニューのページの利便性を高める工夫をしました
具体的には、ページの冒頭に目次を設け、各項目に飛べるようにしてあります。
ここでも、ハンバーガーメニューは使いません。
目次、メニュー表共に、画面の幅に応じて段組みにすることで、見やすさと使いやすさを確保しています。

店内でもQRコードを読み込み、メニューのページを使うことを想定しています。
各項目に飛んだり目次に戻ったりする機能があるほか、手元のスマホでメニューを確認できるので、表示さえしてもらえれば、紙のメニュー表よりも利便性は高いです。
メニュー表が使いやすくなれば、お客様が注文しやすくなるので、お店の売上に貢献すると考えられます。